原付バイクを廃車する場合の基礎知識を解説します。

 

あなたのお役に立てれば幸いです。

原付バイク廃車の基礎知識内の個別記事

原付の廃車に必要な書類と流れ
原付バイクの廃車手続きは意外と簡単です。まず所有者を確かめます。販売業者等の他人名義になっている場合は、委任状をもらってから抹消登録の手続きをします。 ナンバープレートと必要書類をナンバープレートに記載されている市区町村役場に提出し、廃車証明をもらうだけで手続きは終わります。自分で手続きをすれば、費用はかかりません。ナンバープレートを紛失している場合は、警察に盗難・紛失届けを出した上で、市役所に出向き再交付してもらいます。地域によって弁償金として200円程度請求されることもあります。手続きに必要...
原付の廃車時の委任状の書き方について
原付を廃車にするには、登録地の市町村において手続きをすることになりますが、登録地以外で行う場合には手数料がとられる場合があります。手続きには必要な書類が決まっていますが、ナンバープレートと所有者の印鑑、所有者と証明できる身分証、標識交付証明書が必要になります。本人が手続きを行う際にはこの書類があれば完了しますが、所有者本人以外が手続きを行う際には委任状が必要になります。原付でも必ず必要になりますので、使用者と所有者が異なる場合には必ず準備する必要があります。特別難しいものではありませんが、原付の...
原付の廃車登録について
原付の廃車登録ですが、この手続きを行う先は住んでいる地域の市町村役場になります。一般的に業者などに依頼することが多いので、実際に手続きをしに行く人はそれほど多くはない場合もあります。原付バイクの廃車方法は2種類の方法があって一時的に原付バイクを廃車にする場合と、解体つまり鉄くずスクラップにしてしまう2度とそのバイクには乗らない、乗れないということでの永久的な廃車手続きとがあります。いずれの場合でも原付バイクの廃車手続きは、ナンバープレートを管轄する市町村役場等で行います。バイクの廃車手続きに必要...
原付の廃車証明書が必要なときとは
原付バイクの廃車手続きをしなければならない場合には2通りあり、ひとつは老朽化などにともないスクラップ処理をしようとする場合、もうひとつは名義変更や転出などのために登録している所有者(納税義務者)が使用しなくなった場合です。原付バイクを登録した状態のままにしておくと、毎年4月1日現在の所有者情報に基づき、市町村から引き続き軽自動車税が課税されてしまいます。このような場合、登録をした役所にナンバープレート、標識交付証明書、印鑑、本人確認書類などの必要なものを持参して申告をすると、廃車手続きが完了し、...
廃車した原付の再登録の流れ
原付を登録したままにしておくと自賠責保険料や軽自動車税の納付義務が発生しますので、乗らなくなった場合には廃車手続きをする必要があります。手続きは居住地の市町村で簡単に行うことが可能ですから、余分な費用を掛けたくない場合には速やかに手続きを行うことが大切です。一度は乗らなくなった原付もその後乗る機会が出てくる場合がありますが、その際には再登録の手続きをすることになります。再登録とはいっても新規登録と手続き内容は同じですから、必要書類を持って市町村の窓口に行く流れとなります。新規登録と異なる点は廃車...
原付の廃車に伴い自賠責保険を解約するには
原付は自転車よりも機能性が高く身近な乗り物として活用されているシーンを目にすることができます。一般的な自動車免許を取得している方は問題無く原付を運転することができますが、自動車免許を所有していない方の場合でも、比較的簡単に免許を取得することができることも原付の魅力になります。そんな中、所有している原付を廃車にすることを希望している方の場合では、買取り専門店などを利用することも良い方法になりますが、所有者自らでも手続きを行うことは比較的簡単にできます。廃車方法としては管轄している市町村の役所に行く...
他県ナンバーの原付を廃車にする方法
近年では原付などのアイテムもインターネットオークションなどで個人売買が行われるようになっています。取引自体が非常に手軽なものとなり、他県の方との交渉機会も増えましたが、もちろん原付所有者の名義を変更する必要があります。これを変更しないと事故の際に警察からの連絡などが前所有者に対して行われてしまったり、所有者が変わったのに原付の税金支払いが来てしまうなどトラブルの原因となります。まず前所有者側が廃車手続きをして、ナンバープレートを返還することが必要になります。車両登録してある市区町村で廃車申告受付...
原付の廃車の手続きについて
原付バイクの廃車手続きをしたいけれど、何処に行って何をすればいいのか、今一分からないな〜って悩んでませんか?原付バイクを廃車するには、書類上の手続きと車体の処分を分けて考えないといけませんよ。車体の処分のことは後で説明しますが、まずは書類上の手続きについて・・・最寄の市町村役場に入って案内窓口で聞くとすぐに分かります。自治体各役場により異なるので実際に聞くのが一番ですね。持って行くものは、ナンバープレート、標識交付証明書、印鑑(認印可だけどシャチハタはNG)。費用は基本的に無料だけど、ナンバープ...
大阪市で登録した原付バイクの廃車手続きを行なう所は?
大阪市の場合、区役所での手続きはできなくて、下記5つの市税事務所で手続きすることになります。持参するものは、ナンバープレート(標識)印鑑(はんこ)認印で可申告済書(無くても可)身分証明証(免許証、健康保険証、パスポート、住民基本台帳カード、社員証、学生証、公の機関が発行した資格証明書等)です。梅田市税事務所   530-8216 大阪市北区梅田1-2-2-700530-8216 大阪市北区梅田1-2-2-700 大阪駅前第2ビル7階D番窓口電話番号 06-4797-2954業務時間:午前9時から...
名古屋市で登録した原付バイクの廃車手続きを行なう所は?
名古屋市の場合、軽自動車税廃車申告書兼標識返納書の手続きは、金山市税事務所のほか、区役所・支所の税務窓口で受け付けています。気をつけないといけないのは、必ず窓口へ出向かなければいかず、郵送では受け付けていないということです。申告の時に必要なものは、軽自動車税廃車申告書兼標識返納書(所有者の印が必要です。)ナンバープレート解体証明書がある場合、解体証明書手数料は必要ありませんが、紛失・破損等によりナンバープレートの再交付を受ける場合は弁償金として100円が必要です。金山市税事務所の場所〒460-8...
札幌市で登録した原付バイクの廃車手続きを行なう所は?
札幌市では、下記の店舗を札幌市指定の原動機付自転車申告受付事務取扱所として、原付バイクの標識の交付や譲渡及び廃車の申告受付を委託しています。なので、所有の原付バイクを廃車手続きしたい時は、下記に示す最寄の委託店舗で手続きを行なえばいいわけです。ただし、所有の原付バイクが盗難や紛失等で標識を返納できない場合は、下記委託店舗では手続きできないので、中央市税事務所市民税課軽自動車税係で申告手続きを行なわないといけません。なお車体の処分についてはこちらを参照してください。
福岡市で登録した原付バイクの廃車手続きを行なう所は?
福岡市で登録した原付を廃車処分するには、区役所課税課に届出しないといけません。廃車の時に必要なものは、所有者の印課税標識の2つです。ちなみに名義変更の場合は、新所有者の印旧所有者の印課税標識譲渡証明自賠責保険の写しなどの車台番号が確認できるものとなります。福岡市内の各区役所の所在地福岡市内の各区役所の所在地は以下の通りです。東区役所〒812-8653 福岡市東区箱崎2丁目54-1電話:092-631-2131博多区役所〒812-8512 福岡市博多区博多駅前2丁目9-3区役所代表電話:092-4...
原付の廃車を代理でお願いする場合に、委任状って必要なの?
原付を廃車にしたいが仕事などで忙しくて手続きを自分でできない、こんな時は代理人に手続きを任せることができます。ただし本人以外が手続きをする場合は委任状という書類が必要です。委任状というのは廃車に関する手続きを指定した人に任せますという証明書のようなもので、たとえば業者に廃車を任せる時も必要になります。委任状の入手方法ですが国土交通省のサイトや陸運支局、中古車買取店などで入手可能です。業者に依頼する場合はその手続きの中で委任状も用意してくれるでしょうから特に問題ないはずです。そうでない場合も上記の...
原付の廃車証明書、譲渡証明書の発行手順は?
原付を廃車にする場合、他人に譲渡する場合はそれぞれ廃車証明書と譲渡証明書が必要になります。これらの書類がないと廃車も譲渡もできないので注意しましょう。まず廃車証明書ですが、お住まいの地域の市役所で廃車手続きを行います。ナンバープレート、標識交付証明書、印鑑、本人確認書類、もし持っているなら自賠責保険証を持参します。これらの書類が揃っていて手続きに不備がなければ市役所から廃車証明書を発行してもらえます。原付は1度廃車手続きをしてからでないと他人に譲渡することもできないのでこの手続きは必須です。廃車...
標識交付証明書を紛失したんだけど・・・?!
当サイト管理人へ読者の方から質問が来ましたのでシェアしますね。質問内容は、標識交付証明書を紛失したんだけど、原付バイクの廃車はできるのか?というものでした。で、私は、本人ならなんの問題もなくできますよ!って答えました。でも、いろいろ面倒なことは業者に任せたほうがいいですよ。バイク本体ごと売っちゃうのはどうですかって付け加えました。その方法はこちらに書いてますね。→→→原付バイクの廃車方法は?
軽自動車税の増税っていつから?
軽自動車税に関する話って、購入する時には関心のある話ですけど、原付バイクなどで家に放置いている車両って案外関心がなくて知らない人多いですよね。軽自動車税の納税通知が来てるのにほっぽらかしてる人って多くないですか?軽自動車税はすでに2015年4月から施行されtますよ。具体的には原付の場合、既存の1,000円から2,000円に上がってますね。原付バイクについてくる軽自動車税の納税義務は、4月1日現在に保有しているかどうかで発生しますので、もう乗ってなくてほったらかしているなら、3月31日までが廃車処...
原付廃車後の自賠責保険について
自賠責保険は自動車に乗る際に加入が義務付けられている保険で、これは原付も例外ではありません。自賠責保険は契約年数を1年、2年、3年などと加入時に選べるので毎年更新する必要もなくて便利なのですが、保険の期間が残っているうちに廃車にしてしまうことも出てきます。たとえば3年契約の1年が過ぎたところで廃車にした場合は2年分の保険料が無駄になってしまう計算です。自賠責保険は契約年数分の保険料を一括で支払っているのでどうしてもこのような無駄が出てしまいます。じゃあ自賠責保険が切れるタイミングまで廃車にしない...
原付の廃車手続きに費用ってかかるの?
原付を廃車にする時に気になるのが費用です。高いお金が必要なのか、だとすれば廃車にすること自体も考えなおさないといけないかもしれません。まず原付を廃車にする場合、市役所で廃車の手続きをします。必要書類を揃えてそれを提出すれば廃車証明書が発行され、これで市役所での手続きは完了です。この時に費用は一切かからず無料で行えます。書類を紛失している場合などに再発行手数料がかかる可能性もありますがそうでなければ手続きは無料でできる仕組みです。じゃあこのままお金がかからないかというとそれは違います。廃車にした原...