原付の廃車証明書が必要なときとは

原付バイクの廃車手続きをしなければならない場合には2通りあり、ひとつは老朽化などにともないスクラップ処理をしようとする場合、もうひとつは名義変更や転出などのために登録している所有者(納税義務者)が使用しなくなった場合です。原付バイクを登録した状態のままにしておくと、毎年4月1日現在の所有者情報に基づき、市町村から引き続き軽自動車税が課税されてしまいます。

 

このような場合、登録をした役所にナンバープレート、標識交付証明書、印鑑、本人確認書類などの必要なものを持参して申告をすると、廃車手続きが完了し、引き換えに窓口で廃車証明書を渡されます。

 

スクラップ処理する場合、通常はバイク専門店などに廃車手続きを含めて代行してもらうことになるため、個人でこの証明書を利用する機会はないものと思われますが、自賠責保険の還付を受ける上では必要とされるものです。

 

廃車証明書が実際に必要となるケースで多いのは、原付バイクを他人に譲り渡し名義変更をしようとする場合や、一時的に廃車処理した原付バイクを転入先市町村などで再度登録しようとする場合などです。

 

名義変更のケースでは、譲り受けた人が新規登録する場合、すでにナンバープレートがついていない状態ですので、廃車証明書がなければ手続きができず、またこの手続きには譲渡した旨を証明する譲渡者の記名押印も必要となります。

 

また、一時的な廃車から再登録する際にも、この証明書を持参の上役所で手続きをして、ナンバープレートの再交付を受ける必要があります。

 

ところで、自分で廃車手続きをするより断然いい方法があります。原付バイクの処分費用ももらえて尚且つ面倒な手続きも全部やってもらえる方法です。それはバイク王に無料出張買取りを依頼することです。

 

とても簡単だし、気に入らなかったら売らなくてもいいんです。
↓↓↓

バイク王で買い取り価格を見積り依頼する