廃車した原付の再登録の流れ

バイク

原付を登録したままにしておくと自賠責保険料や軽自動車税の納付義務が発生しますので、乗らなくなった場合には廃車手続きをする必要があります。

 

手続きは居住地の市町村で簡単に行うことが可能ですから、余分な費用を掛けたくない場合には速やかに手続きを行うことが大切です。

 

一度は乗らなくなった原付もその後乗る機会が出てくる場合がありますが、その際には再登録の手続きをすることになります。

 

再登録とはいっても新規登録と手続き内容は同じですから、必要書類を持って市町村の窓口に行く流れとなります。新規登録と異なる点は廃車証明書が必要な点にあります。

 

手続きには必ず必要ですから、登録抹消手続き時に発行された証明書が絶対に必要なのです。原付では新規登録の際にも、新車の購入であれば販売店から発行される販売証明書が必要ですし、譲り受けた場合には譲渡証明書が必要となります。原付を再度登録する際には抹消手続き時に発行される証明書が必要ですが、紛失してしまった場合には再発行手続きを行うことになります。

 

再発行手続きには車両番号が必要になりますが、市町村によっては車両形式や排気量、型式認定番号などが必要になります。引っ越しなどで居住地が変わった場合には、居住地の市町村で手続き方法について確認することが必要です。

 

一度廃車にした原付でも、必要な書類が準備できれば再度登録が可能ですから、証明書などの重要な書類は大切に保管しておく必要があります。

 

原付バイクを売りたいと思ったら・・・バイク王で買い取り価格を見積り依頼する