他県ナンバーの原付を廃車にする方法とは?

近年では原付などのアイテムもインターネットオークションなどで個人売買が行われるようになっています。取引自体が非常に手軽なものとなり、他県の方との交渉機会も増えましたが、もちろん原付所有者の名義を変更する必要があります。

 

これを変更しないと事故の際に警察からの連絡などが前所有者に対して行われてしまったり、所有者が変わったのに原付の税金支払いが来てしまうなどトラブルの原因となります。

 

まず前所有者側が廃車手続きをして、ナンバープレートを返還することが必要になります。車両登録してある市区町村で廃車申告受付書(再登録証明書)などをもらい、必要な手続きを行えば終了です。手数料はかかりません。

 

しかし、前所有者側が何らかの事情でそれを行えない場合、登録証明に譲渡証(捺印必須)と前のナンバープレートが必要となります。自治体によって若干手続きが変わりますが、代行として新規所有者が前所有者の自治体へ書類やプレートを郵送し返納できる場合もあります。

 

問い合わせてみる価値はあるといえるでしょう。その際にかかる送料は自腹となります。また自賠責保険に関しては、車両自体に保険が適応されるのであらかじめシールをはがしておき、新たなプレートに貼り付ければそのまま引き継がれます。

 

登録名義などが気になる場合には、保険会社にて変更できますし、新規シールの発行も可能となります。いずれの場合も、あらかじめプレートの返還などの手続きを取引前にしっかりと約束し、トラブルのない円滑な譲渡をする必要があるでしょう。