原付の廃車証明書、譲渡証明書の発行手順は?

原付を廃車にする場合、他人に譲渡する場合はそれぞれ廃車証明書と譲渡証明書が必要になります。
これらの書類がないと廃車も譲渡もできないので注意しましょう。

 

まず廃車証明書ですが、お住まいの地域の市役所で廃車手続きを行います。
ナンバープレート、標識交付証明書、印鑑、本人確認書類、もし持っているなら自賠責保険証を持参します。
これらの書類が揃っていて手続きに不備がなければ市役所から廃車証明書を発行してもらえます。

 

原付は1度廃車手続きをしてからでないと他人に譲渡することもできないのでこの手続きは必須です。
廃車手続きをしないまま誰かに譲渡することはできないのでまずは廃車手続きを済ませてしまいましょう。
もし原付を譲渡するなら受け取った廃車証明書はそのまま譲渡する人に渡し、いわゆる名義変更は譲渡される人が引き続き行います。

 

これで譲渡の準備が整ったわけですが、ここで次の書類である譲渡証明書が必要になります。
譲渡証明書も廃車証明書と同じく市役所で発行してもらえるので市役所に行きましょう。
廃車証明書、印鑑、本人確認書類を持って市役所に行き、市役所で譲渡証明書をもらいましょう。
後は譲渡証明書に必要事項を記入して各種書類を提出するだけです。

 

最後に標識交付証明書とナンバープレートが改めて発行されますのでこれを受け取ったら無事に譲渡された原付に乗れます。

 

つまり廃車証明書も譲渡証明書も市役所で入手でき、手続きをする時にもらえばそれで問題ありません。
もちろん事前にもらっておいて先に記入しておいたりしてもいいので手続きを素早く終わらせたい時などは事前に準備します。

 

原付の場合、譲渡するためには必ず1度廃車にしないといけないため譲渡証明書だけでなく廃車証明書も同時に必要になります。

 

譲渡する人、譲渡される人がそれぞれ手続きを行うことになりますからお互いに連絡を取り合って問題が起きないようにしましょう。

 

譲渡される人は譲渡する人が廃車証明書を入手してくれないと手続きを進められないので気を付けないといけません。

 

原付バイク本体を、簡単に処分するのはコチラ→→→原付 廃車

 

原付の廃車の仕方で悩む女性