原付の廃車時の委任状の書き方について

原付を廃車にするには、登録地の市町村において手続きをすることになりますが、登録地以外で行う場合には手数料がとられる場合があります。

 

手続きには必要な書類が決まっていますが、ナンバープレートと所有者の印鑑、所有者と証明できる身分証、標識交付証明書が必要になります。

 

本人が手続きを行う際にはこの書類があれば完了しますが、所有者本人以外が手続きを行う際には委任状が必要になります。原付でも必ず必要になりますので、使用者と所有者が異なる場合には必ず準備する必要があります。

 

特別難しいものではありませんが、原付の廃車手続きを窓口に行く人に委任したという内容が書かれていれば、様式や形式は特に問われないのが一般的です。もちろん委任した日付と、所有者本人の自署及び押印が必要になります。押印は手続き時にも必要となりますので、同じもので押印する必要があります。

 

原付の場合には廃車届という名称になっていることが多いですが、登録を抹消することには変わりありませんので、同じ意味を持っているとえいます。原付の場合には盗難にあってバイクがない場合でも抹消手続きを行うことが可能です。

 

その場合には、警察署に盗難届を出し盗難届の内容を確認の上手続きを行う必要があります。また引っ越しによって居住地が変わった場合には、引越し先の市町村で手続きを行うことも可能です。ただし市町村によっては内容が異なる場合もありますので事前に確認が必要です。