原付の廃車登録について

原付の廃車登録ですが、この手続きを行う先は住んでいる地域の市町村役場になります。一般的に業者などに依頼することが多いので、実際に手続きをしに行く人はそれほど多くはない場合もあります。

 

原付バイクの廃車方法は2種類の方法があって一時的に原付バイクを廃車にする場合と、解体つまり鉄くずスクラップにしてしまう2度とそのバイクには乗らない、乗れないということでの永久的な廃車手続きとがあります。いずれの場合でも原付バイクの廃車手続きは、ナンバープレートを管轄する市町村役場等で行います。

 

バイクの廃車手続きに必要な物は、バイクについているナンバープレート、標識交付証明書、シャチハタではない認印、廃車申告書となり、バイクの廃車手続きに必要な廃車申告書は廃車手続きを行う役所の担当窓口に置いてあります。標識交付証明書は、廃車するバイクのナンバープレートを取得した際に交付されている書類になります。

 

保険料については有効期間が残っているかどうかによって話が変わりますが、バイクの廃車手続きが完了した後にまだバイクの自賠責保険の有効期間が残っていれば、自賠責保険の残存期間に応じて自賠責保険料の払い戻しt8うまり還付が行われて、還ってきます。

 

バイクの廃車手続きが完了したということを自賠責保険を契約した保険会社に速やかに連絡して、手続きを行った方がよいでしょう。その際に必要な書類などがあれば、あわせて確認する必要があります。